スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

灼眼のシャナ 22巻 10月発売予定

2011年08月03日


 というわけでお久しぶりです。びーしゃです。

ついに・・ついに灼眼のシャナ22巻、すなわち最終巻が10月発売されるようです。

長かったなぁ・・。そしてもう終わってしまうのか。楽しみですが、残念すぎますね。
read more...
ライトノベル | Comments(0) | Trackback(0)

ゼロの使い魔 20巻 古深淵の聖地

2011年02月24日

ゼロの使い魔20 古深淵の聖地 (MF文庫 J や 1-26)ゼロの使い魔20 古深淵の聖地 (MF文庫 J や 1-26)
(2011/02/25)
ヤマグチ ノボル

商品詳細を見る



 ついに最終章らしいです。この20巻を含めてあと3冊。すなわち22巻が最終巻となるようです。

蛇足ですが、灼眼のシャナももしかしたら22巻で最終となるかもしれません。

ライトノベルの先駆者と言っても過言ではないと個人的に考えるこれら二作のフィナーレの近さ。楽しみですけど、楽しみですけどあまりの寂しさにしんみりします。


 私自身、ゼロの使い魔は思い入れが深く、このアニメ、ラノベといったサブカルの世界に入るきっかけとなったのはこの作品です。アニメ1期が放送されてたのは確か・・2006年くらいでした。その半年後くらいから興味本位で小説を読んではまってしまいましたね。ゼロの使い魔が私のすべてといっても過言じゃないのかもしれません。

ぐだぐだと語ってしまいました。以下read moreより感想等(ネタバレも含むかもしれません)

read more...
ライトノベル | Comments(1) | Trackback(0)

新約 とある魔術の禁書目録

2011年02月19日


 1_20110219223412.jpg


 上条当麻不在の世界。彼が命を賭けて守った、様々な人たちの様々な安らかな日常があった。
 ローマ正教の暗部『神の右席』最後の一人、フィアンマがロシアから起こした第三次世界大戦は、上条当麻の活躍により終結した。彼の、消失と共に。
 ここは上条当麻が存在しない世界。
 魔術サイドは再編・改善がすすみ、信徒たちには安息の日々が訪れていた。
 科学サイド総本山の学園都市では、最強の超能力者・一方通行が、『闇』と手を切り、打ち止めや番外個体と共に騒がしくも穏やかな日常を過ごしていた。そこには『グループ』の影も無い。
 元スキルアウトの無能力者・浜面仕上は、ロシアで手に入れた『闇』との交渉材料を懐に、絹旗、滝壺、そして帰ってきた麦野と共に新生『アイテム』を結成、活動を再開する。
 闇からの『卒業生』たちは、平穏を手に入れたのだ。──凶悪な『新入生』が、彼らの前に現れるまでは。

 電撃文庫より-


!?上条さんはあのまま本当に死んでしまったってことなのか!?


 いやいやいやいや!置き去りにされたヒロインどうするんだよこれ!?放置してそのまま一方さんと浜面の話をするってことなのか?いやー・・電撃文庫に面白い新刊出てないかなーっと思ってふらっと見るととんでもない展開となって帰ってくるようですね。


 本当に上条さん死んでしまったんでしょうか。あの不死身さから見ると逆に死んだことに違和感を感じますよね。ま、こちらは発売2月のようです。どんな展開をさせてくるのか楽しみですね


ライトノベル | Comments(0) | Trackback(0)

ゼロの使い魔 20巻 2月25日発売予定

2011年02月17日

お久しぶりです。ビーシャです。


ついにゼロの使い魔の20巻。ちなみに今回は表紙がテファです。ルイズはあんまり出てこないってことかなー。

おいおい、入手したときに感想のほうとかを書こうかなと思います。


 楽しみに待ってましょう。

ゼロの使い魔20 古深淵の聖地ゼロの使い魔20 古深淵の聖地
(2011/02/25)
ヤマグチ ノボル

商品詳細を見る
ライトノベル | Comments(0) | Trackback(0)

灼眼のシャナ 21巻

2010年11月07日

 今月発売されたシャナ新刊、ⅩⅩⅠ巻です。

本屋さんでないかなーっと見ていたところ、すでに発売されていたので迷わず購入。
 最終章前編。次巻が最終章後編らしいです。これが最終巻なのかはわかりませんが、どちらにしても創造神編は終わりですね、多分。後日談みたいなのがあるかは知りませんが、楽しみな一方で少し寂しい気がしますね。



 というわけで21巻感想です。

 ネタバレも含みますので以下read more より


灼眼のシャナ〈21〉 ((電撃文庫))灼眼のシャナ〈21〉 ((電撃文庫))
(2010/11/10)
高橋弥七郎

商品詳細を見る



read more...
ライトノベル | Comments(1) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。