スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゼロの使い魔 17巻  黎明の修道女

2009年06月23日
今月25日発売されるゼロの使い魔新刊『 黎明の修道女』です。一足先に入手し読みました。

 

 ストーリー:
ドゥドゥーに襲われ気を失ったサイト。オルニエールの自室にて目を覚ますが、傍らにはあるべきものがなくあの悪夢は現実だったことを確認させられ愕然となる。あわてて友人、姫さまに連絡し捜索する。しかし手掛かりは見つかったものの彼女の姿を見つけることは出来なかった。

 そのころ、ルイズは今さらにサイトの大きさを知ってしまうが、戻るわけにもいかず、実家に帰るわけにもいかず、ましてや姫さまのもとになど行くわけにもいかず街道沿いを当てもなく歩いていた。心に浮かぶことはあの日の逢引のことばかり。ただそこにあった宿に泊まる日々を過ごしていた。
 2軒目の宿屋にてまるで人形のような顔立ちをした少女、ジャネットに出会う。彼女はサイトを襲った元素の兄弟の1人なのだが、ルイズはそのことを知らず、少しずつ彼女に気を許してゆく。

 ルイズが変装をし、また元素の兄弟と関わってしまったため、サイトはシュルピスの街以降の足取りが追えなくなってしまう。必死の捜索も空しく、姫さまとの約束された時間を過ぎてしまった。ガニアでの園遊会にアンリエッタはトリステインの女王として参加する。その護衛にサイトが命名されていた以上変更できなかったからである。

 ガニアでの園遊会。華やかであったがガニア女王、シャルロットの発言によりその場の空気が凍りつく。真意を聞こうと友タバサに話をしようとするが、冷たくあしらわれてしまう。その夜、間者に案内されタバサの従姉、亡きジョセフの娘、イザベラと密会する。異変の真実を聞かされ驚くサイトにシュルピスの街で対峙した元素の兄弟、ジャックが話しかける。剣を・・日本刀を手に再び対峙する。

  以下read more より
 

 さて・・前巻からの引き続き・・ですね。
ここからは感想ですのでちょいちょいネタバレ含みます。・・今さらですがね苦笑 しかし『ストーリー』ではあらすじ書きつつも出来るだけネタバレ避けたつもりです;





  ルイズと離れ離れになった後ということで、場面が何度も転換しながら話は進行していきます。サイト一行、ルイズと元素の兄弟の動向、そしてジュリオの暗躍。しかしテンポがいいので何の苦もないと思われます。しかし、ジュリオは相変わらず黒いですねぇ・・。登場シーンは少ないにも関わらず、周りに与える影響は凄まじいです。これでガニアを内からも落とすことに成功してしまいました。『あなたたちの傀儡にはならない』覚悟を望んで王女となったタバサ。しかし彼女も所詮手のひらの上だったわけです。

 前巻の新キャラがたくさん登場してきましたが・・注目すべきはもちろん、




    ジャネット


         ですよね笑
 今のところ敵であるだけなんですが、今後の展開を期待w
ルイズを言葉でいじめて、心底意地の悪い笑いを浮かべてる彼女は面白い。ルイズのことを気に入っているようですから、今後何かしらのアクションはあると思うのですが・・・。

  サイト『あああああ!めちゃくちゃにしてやりたい!』

    わかります、その気持ち
ライトノベル | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。