スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

彼女たちの流儀

2009年06月08日
  以前からちょいちょい耳にしていたカノギ、彼女たちの流儀をやってみました。

 いや、自分でもわかっているんですよ。そうとうきてしまってるなと・・。順調にオタクへの道を歩んでるなと・・。
  でも面白いんだよ。楽しいんだよ!!

  というわけで感想とかちょっと書こうかな・・。


  ストーリーは母親を亡くしたことを気に主人公・胡太郎は生家に帰ることになります。
 そこで胡太郎は5年ぶりに双子の姉、鳥羽莉と朱音に出会う。胡太郎は一目で彼女らが自分の姉達だと分かります。5年前とあまりに変わらぬ容姿を見て・・。

         kotaro-tobari.jpg
  鳥羽莉可愛いよ鳥羽莉(´д`)

  以下read more より

  攻略対象キャラは6人です。

  ただ、鳥羽莉を除いた5人のルートの話は短く、また内容も薄いです。。せめて朱音にはもぅ少しストーリーを付けても良かった気がします。

  鳥羽莉を除いた、なので鳥羽莉のストーリーはしっかりとあります。ture2では鳥羽莉視点で話が進みます。リトバスの沙耶のような感じでしょうか。

 そしてヒロイン攻略でも鳥羽莉ありきで話が進みます。鳥羽莉が好きだけど今の彼女のほうが・・・。といった雰囲気。鳥羽莉を最後に回したため、それぞれのルートでちょこちょこ、あるいは大いに登場する鳥羽莉。非常にいたたまれないです><特に朱音ルートでの鳥羽莉は可愛くて、可哀そうで・・。他ルートの彼女に集中できません笑 ある意味、朱音ルートは鳥羽莉バッドエンドだよ。。


  カノギは鳥羽莉のゲームだと思ったほうが良いですね。鳥羽莉のクールな表面と裏の想いとのうらはらさに惹きつけられます。

  私も鳥羽莉のとりこになった1人なのですけどね、

   意見がいろいろ分かれていますが、私はture2ENDのほうが好きです。
 永遠の命を持つ鳥羽莉と人の一生分の命しか持たない胡太郎。
当然いつかは別れが来ます。15年間悩みぬいて一瞬でもいいから胡太郎が死ぬまで一緒にいようと決断して再び胡太郎に会いに行くture1もいいですが、
 2人とも永遠の命を手にして、成長しない身体を手に入れて普通の人としての幸せはもう掴めず、人の目を誤魔化すために定住することも出来ず、親しくなった人間が自分より先に死んでいく苦しみがあったとしても、2人がずっと一緒にいられる終わり方を私は望んでしまいます。
 甘ちゃんだといわれてもご都合主義といわれても2人が幸せに過ごせるならそちらを選んでしまいます。

  ゲームの仕様上、Hシーンがやや多いのと濃いのは仕方ない・・かな。そんなにいらねぇよとも思うのですが・・ね。
   始め主人公が『受け』で無茶させられることが多いのですが、だんだんドSに変貌していきます。

  どちらが好みかって?当然ドSで言葉攻め・・。
        ・・そんなの・・・私には選べませんよ笑♪
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。