スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゼロの使い魔 3美姫の輪舞 1,2話

2008年07月16日
7月からスタートしたゼロの使い魔、これが3期になりますね。

  OPのセンスは非常にいいんじゃないでしょうか??♪『涙の雨に~・・』のとこのサイトがいいbグッ
まだ本編未登場ですが、シュヴァリエのマントがかっこええよ~(っ>ω<)っ思わず惚れそうになったよギャハハ(*≧д)ノシ_彡☆バンバン 1期2期に引き続きOPは非常にいい!!
 けどまぁ本編のほうは・・。って感じですね;:2期の暴走ぶりを引きずった分、1話からして展開がおかしくなってますね・・(´ノωノ`)メソメソ
 私の意見ですけど、2期のラストは言い方悪いかもしれないけど夢オチでよかったと思います。夢オチというと聞こえが悪いですが、サイトを死なせてしまったと思い悲しむルイズの気持ちを考えても夢で十分成り立つのでは?実際小説の方でも夢と現の境目を彷徨ってましたし・・ね。ちょっち展開が酷いなぁとアニメ1話2話の時点で思わさせられるのってどうなんでしょ?。
 感動のシーンといわれた再召喚のシーンが・・。。
あの場面の補足をしようかと・・。そもそもサイトの手のルーンが外れたこと自体がまず1つ目の異常な事態となってるわけです。使い魔の契約は魔法使いにとっては何度か訪れますが、使い魔の契約は一生もの。死ぬまで契約が外れることはないんです。しかしサイトは瀕死の際までやられました。そのときティファニアの先住魔法によって(正確には先住魔法のかかった魔道具)よって生きながらえたわけです。先住魔法の水の呪文は系統魔法(普通の魔法使いが使う魔法。火とか氷とか)より強力ですから助かったわけです。使い魔の契約も系統魔法に分類されます。よって系統魔法の領域ではサイトは完全に死んでいた。なので使い魔のルーンにサイトは死んだものと判断され、ルーンが消えたわけです。ここらの説明がアニメでは薄いかな・・。
 そもそも使い魔のルーンが消えることがないわけですから2度目の契約というのは過去に前例がない。なのでデルフは危険だと言った。そしてルイズはシェフィールドに狙われ助けを求めるためにもう1度使い魔召還の儀式を行った。
 文章力ないのでぐだぐだですが、襲われた時、ルイズは完全にサイトは死んでいるという認識できる状態で使い魔を呼んだ。なにせ、サイトはサイトで自分にはルイズを守る力はないとルイズに会うことなく、ルイズが諦めるように自分の墓まで用意したわけですからね。それなのにルイズはサイトが来てくれることを信じて召還の儀式を行う。。(*-ω-)(-ω-*)ネー愛だよ、愛。
 まぁそんなわけで、一番良かったとされる7,8巻をこんな感じでさらっと流されることに憤りを覚える一原作ファンでした・・(´-ω-`)シュン
アニメ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。