スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ソードアート・オンライン 第5話 圏内事件

2012年08月05日
  2012y08m05d_185650107.jpg


 ソードアート・オンライン第5話、圏内事件です。
ヒロインアスナさんが2話ぶりに登場です!この話アニメでやる分に結構難しいかもと思っていましたが、上手くまとまっていたのではないかな?ですので、前回同様、解説は控えめにして感想等を書いていこうと思います。

 先の展開のネタバレは含めませんのでアニメしか知らない方もご安心ください。


以下、read more より。


  2012y08m05d_185252536.jpg


ではまぁ、恒例の時系列整理から。冒頭の攻略会議の時点で2024年3月6日となっております。前回の4話シリカ編から2週間が経過しています。最前線は55層から56層に。キリトさんのレベルは78lvから・・不明です。

 この冒頭のシーンはフィールドボス(※次の層に上るためのエリアボスではない)攻略会議です。

 ここでアスナはフィールドボスを村に引き込む作戦を提案しています。過激な作戦ですが、せざるを得ない状況に追い込まれています。理由は・・長くなるので割愛します。そんな作戦にキリトは反対し、会議は終了します。


 この作戦ですが、アスナが提案する以上、実現は可能なのでしょう。しかし、圏内(街の中など)ではプレイヤーのHPはPvPで無い限り減らせないとのことなので、この"村"は圏外なのでしょうねー・・。ということは圏外の村では急にモンスターが襲ってくる可能性があるということですね。恐ろしいな。。


  2012y08m05d_185324587.jpg


 そんなアスナさんはトップギルドである血盟騎士団(Knight of Blood略してKoB)の副団長様です。強くなりましたなぁ。。


  2012y08m05d_185445498.jpg


 そして場面は移り、2024年4月11日となります。56層フィールドボス攻略会議より約1ヵ月後。最前線は56層から59層に。キリトさんのレベルは変わらず不明のまま。

  2012y08m05d_185502529.jpg


 キリトとアスナの様子。

 攻略組であるのにキリトは木陰で昼寝中。攻略の鬼であるアスナはそれを見つけ怒っております。みんな迷宮区に潜って攻略に励んでいるのにサボるとは何事かと。

 ん・・どうでもいいけど、、キリトさんその角度ぱんt・・いえ、何でもありません。キリトさんは紳士ですからね。紳士たるもの気付いても気付いてあげない優しさは必須スキルというわけです。

 残念ながら変態紳士クラスのかたは紳士の真似事をするものの、100%の確率で相手に勘付かれてしまい、好感度が下がっちゃいますのでご注意を。紳士クラスなら勘付かれる確率30%で、かつ勘付かれてもさらっとかわし、好感度上がるんですがねー。

 私?もちろん紳士クラス・・・に転職したい組ですな笑

  2012y08m05d_185456190.jpg

 でもやっぱり、キリトさん見えてません?
シリカに続き、アスナの・・まで見るとはなんてけしからん!全くもってうらやましい。。


 でもこの場面でキリトさんは大事なことを言ってます。ぱんt・・のことではありませんよ。SAOの真実に近いことを言っております。



  2012y08m05d_185540284.jpg

「何してんの?」
「ん・・なんだ、あんたか」
「攻略組のみんなが必死に迷宮区に挑んでいるのに、何であんたはのんびり昼寝なんかしてるのよ」
「いくらソロだからって、もっと真面目に・・」
「今日はアインクラッドで最高の季節の、さらに最高の気象設定だ」
「は?」
「こんな日に迷宮に潜っちゃもったいない」
「あなたね、わかっているの?こうして一日無駄にした分、現実での私たちの時間が失われていくのよ」
「でも今・・俺たちが生きているのはこのアインクラッドだ」
「ぁ・・」

「ほら、日差しも風も、こんなに気持ちいい」
「そうかしら?天気なんていつも一緒じゃない」
「あんたもこうして寝転がってみればわかるよ」

 というやりとりです。

 そう、彼らが生きているのはアインクラッドです。何を当たり前・・とか思われるかもしれませんが・・。

 現実世界の人が死ねば、もちろんそのまま本当に死にます。
 アインクラッドでも死ねば、現実世界の彼らも本当に死にます。

 死が同等であればこの2つに差異はないというのがキリトさんの考え(おそらく)。

 では死んでいない自分たちはどこで生きているのか?・・答えは1つしかありません。現実世界を認識出来ない自分たちはアインクラッドがただ1つ現実であり、自分たちはアインクラッドで生きているのだと。

 つまりアインクラッドでの1日は現実世界の1日を失っているのではなく、アインクラッドでその1日を生きているのだとキリトさんは言っています。

 文才がない。言いたいことが伝わっているといいですけど。。


 とまぁ今回大事なのはこのあたりですかね。事件のほうは特に解説はいらないでしょう。さして難しいとこなかったですし。。

 要約すれば、起こるはずのない圏内(アンチクリミナルコード有効圏内)で発生したPK事件。それを見逃してしまえば新たな被害者が出かねない。それを危惧し事件を調査し始めたキリトとアスナ。だが2人目の被害者が彼らの目の前で起きてしまい・・という話でした。

 次回は・・解決編?ですかね。解決編と呼ぶのが正しいのか分かりませんが。ではではこのあたりで

  2012y08m05d_185646830.jpg
  2012y08m05d_185708459.jpg

 アスナさん可愛いけど・・なんかあざとい笑


  2012y08m05d_190430098.jpg


 はぐれビーターと嘲笑われることも多いキリトさんだけど友人も少なからずいるようでなんかほっとしました。




アニメ | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
投稿者・ピッコロ ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/10/24)松岡禎丞、戸松遥 他商品詳細を見る パーティメンバーと喧嘩別れしたビーストテイマーの少女・シ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。