スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゼロの使い魔 19巻 始祖の円鏡

2010年07月24日

こんにちは。びーしゃです。


 ブログ更新結構サボり気味なんですが、何故かゼロの使い魔だけは毎巻きちんと更新しています。やはりゼロの使い魔は私にとって始めて出会ったライトノベル・アニメそして声優ですから、思い入れが深いんでしょうね・・。


 逆に言うとゼロの使い魔を知らなければ、このオタクの道に入ることもなかったでしょう。


 良かったか悪かったかと聞かれれば良かったと間違いなく思えます。

いや・・知らなければ今頃私はリア充だったのかも・・?まぁ、そんなことどうでもいいですよね。今が楽しければそれでいい。そんな考え方で今日この頃を過ごしてます。


ゼロの使い魔 19 始祖の円鏡 (MF文庫)ゼロの使い魔 19 始祖の円鏡 (MF文庫)
(2010/07/21)
ヤマグチノボル

商品詳細を見る



 以下感想です。



 デェェェルフゥゥゥゥ!!!!

きましたデルフリンガー復活です。いやぁ・・これほど嬉しいことないですね。

 まぁ予期してましたけど。してたけど実際復活すると嬉しいですよね。(17巻予告


 そして復活早々とんでもない事実を告げます。始祖ブリミルを殺したのはエルフの聖者兼ガンダールヴだったサーシャらしいです。


 それだけ告げてあとは黙ってしまいましたけどとんでもない伏線張っていきやがりましたね。

『もしかしたらまた……あんな悲しいことが繰り返されるのか』とデルフが心のなかで呟いてます。まさかとは思うがサイトが6千年前の出来事をなぞるかのように使い手を切っていく・・のか。考えすぎであってほしいものです。


 あとがきにも書かれてましたけど、物語は佳境であるようです。そしてもう少しで物語は終わるようです。

話には終わりがある。当たり前のことですが、寂しいですね。私の・・わたしの生き甲斐が・・・。


 さてまぁ冗談は置いといて、少しばかりの考察を。


今回のテーマは聖地とは何なのか。です。

 ロマリアの教皇は聖地には門があるだけだと言っています。風石を消す魔法装置があるなんてことは詭弁だったようです。

 そしてエルフはシャイターンの門を恐怖し6千年もの間、守り続けています。

このことから考えみるに聖地にはただ門がある。それだけのようです。


 ではこの門がどこに繋がっているのか。


まぁ・・この展開では十中八九サイトの故郷、地球に繋がっているのでしょう。

6千年前に開かれた時、大災厄が起きたというのは・・地球の人々に攻め込まれたか。あるいは門を開くためにエルフという異種族の血が必要だったのか・・。


 それを行ってからサーシャが事の顛末に気付きブリミルを殺し、門を慌てて閉めた。そのためサーシャはエルフ族の聖者、ブリミルは災厄を引き起こした悪魔ってことになっているのでしょうか。


 今のところそんな風に予想しています。



 サハラ編が最終章なんでしょう。どう物語に決着がつくのか楽しみにしながら20巻を待ちましょう。


それでは。


ライトノベル | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
No title
凄い好みが一緒でびっくりw
ゼロ使とシャナしか私ラノベを
読んでないのですけど。
どちらもこの上なく好きなのですけどね。
まさかデルフ復活ですか!
買ったけど新巻まだ読んでない。
なんかもったいない気がして。
烈風のほうは全部読んでるのですけどね。
今月末か烈風の新巻もあるので
シャナと同じくらいたのしみですw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。