スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

灼眼のシャナ 20巻 4月10日発売予定

2010年03月22日
 来月発売のようです。

 楽しみで楽しみで仕方ありません。アニメとラノベ、これが生き甲斐だなと最近思うようになってきました。



 『久遠の陥穽』から帰還した坂井悠二。そして、フレイムヘイズ殲滅戦が始まった。
 “紅世の徒”とフレイムヘイズの最終決戦。その勝敗の天秤は、“祭礼の蛇”復活により、“徒”側に大きく傾いた。
 起因となったのは、“蛇”と運命共同体である坂井悠二による『大命宣布』。それは、フレイムヘイズ兵団を敗北に追い込むに足る、フレイムヘイズと“徒”双方の想いを汲み取った、まさに“創造神”たる宣言だった。
 宣布直後。
 勝機と見た“徒”らは、[仮装舞踏会]三柱臣の一柱・『将軍』シュドナイを指揮官とした包囲殲滅戦を展開する。
 圧倒的に不利な状況下で、フレイムヘイズ兵団は、撤退を余儀なくされる。
 そして、とある討ち手の命が儚く燃え尽き……。
 怒濤の最終決戦、決着間近!                               電撃文庫より



 最終決戦と銘打っていますからもう最終巻間近なんでしょうね・・。寂しい限りです。
今回20巻なので外伝かと思ってたのですが、どうやらそうではなさそうです。

 完全に優勢だったフレイムヘイズ側が窮地に立たされるということはよほど祭礼の蛇の力が強いのでしょうか。もともと電撃的に本拠地襲撃を行ったため後方が出来ておらず長期戦は不利でしたが・・。

 双方の想いを汲み取る宣布というのも気になります。世の変革という意味かなとなんとなく思うのですが・・。
まぁとにかく発売まであと3週間といったとこでしょうか、楽しみに待ってましょう。

ライトノベル | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。