スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

生徒会の火種 感想

2010年03月21日

  今日近くの本屋で買ってきました。
 一応、駅構内にある普通の本屋ですが、平積みでしかも2×2の4スペースに置かれていました。
 ・・私個人はうれしいのですが、それは本屋的にどうなの・・?という印象でした。


 
生徒会の火種  碧陽学園生徒会黙示録3 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の火種 碧陽学園生徒会黙示録3 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/03/20)
葵 せきな

商品詳細を見る




 さて感想です。

 相変わらずゆるい話が続きます。そしてパロディネタも豊富です。
禁書目録の「ミサカは」のくだりに思わず笑ってしまいました。


 そういえば、初回限定らしいしおりがついてきました。

 杉崎・中目黒のBLの攻めでした。・・どうせなら知弦さんが欲しかったなとぼやいてみます。
知っていたらパラパラとめくってチェック入れてから買うのですが・・残念です。

 個人的に一番お気に入りシーンは杉崎にからかわれて、深夏が頭を天井にぶつけるシーンです。
最後の深夏に抱きつくシーンも捨てがたいですが、一番はやはりこのシーン。

 返事してから慌てて否定しにかかる姿がポイントですね。


         では今回はこのへんで。


ライトノベル | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。